お電話でのお問い合わせは0599-65-7727

特別養護老人ホームあらしま苑で夏場の食中毒について勉強会開催!

 | 

株式会社SARAYA様を講師に迎え、『夏場の食中毒に関する原因と症状、対策』についてお話ししていただきました!

今回の内容は、

 

1.食中毒発生状況

2.食中毒細菌について

3.食中毒対策

 

の3つを主な内容として勉強会を行いました!

食中毒は、夏場に多いイメージですが、実は年間を通して発生しています。

冬場はウイルス、夏場は細菌からの食中毒が多く、細菌性食中毒は、6〜9月が多発時期となる傾向が。

この4ヶ月が1年間の細菌性食中毒の約半数を占めていると言われています。

その中でも、発生件数、患者数と共に多いのが、カンピロバクター、ノロウイルス、ウェルシュ菌による食中毒です(※微生物以外を除く)。

カンピロバクター

豚や牛、鶏の腸内に潜伏しており、原因食品はその食肉や加工品(特に鶏)。

わずかな酸素のあるところで増殖する性質を持っており、少量の菌で感染する。

 

【症状】

発熱・倦怠感・頭痛・腹痛・下痢

 

【対策】

・肉類は十分に加熱する

・生肉と他の食品を分けて保存する

ノロウイルス

人の腸内や二枚貝などの貝類に潜伏しており、原因食品は二枚貝などの貝類。

人の腸内のみで増殖し、少量で感染し、発症率が高い。長期間にわたる免疫が獲得できないため、繰り返し感染する。

 

【症状】

吐き気・嘔吐・下痢・腹痛

 

【対策】

・二度洗いを実施し、二時汚染を予防する

・貝類の生食を避け、中心部まで十分加熱処理する

ウェルシュ菌

牛、鶏、魚の保菌率が高く、原因食品は汚染された肉類や魚介類を使った煮込み料理(カレーやスープなどの大量調理は要注意)。

酸素の無いところで増殖する性質を持っており、100℃で6時間の加熱にも耐える、特殊な芽胞(がほう)を形成する。

 

【症状】

水溶性の下痢・軽い腹痛

 

【対策】

・調理をするときによくかき回す

・調理済み食品は素早く冷却し、冷蔵庫に保存する

講師の方が分かりやすく教えてくださり、職員たちは真剣に聴きメモを取っていました。

食中毒は「つけない・増やさない・やっつける」の3原則が何よりの予防になります。

その中でもまず大切なのは「つけない」こと。

「つけない」ためには、正しい手洗いが重要です。

普段の手洗いでどのくらい汚れを洗い落とせているのか、手洗いチェッカーローションを用いて確認♪

この手洗いチェッカーローションには蛍光塗料が含まれており、ブラックライトにかざすと、取れてないところが光るという仕組みだそうです!

手洗いのポイントを踏まえて手洗いです。

果たしてどれくらい取れているのでしょうか!

少し緊張しますね…!

爪の間、親指の付け根が残りやすいポイントですが、光ることなく、綺麗になりました!

菌が残りやすいところを意識し、これからも丁寧な手洗いに取り組みたいですね。

株式会社SARAYA様、誠にありがとうございました。

本日学んだ知識と経験をもとに、夏場の食中毒対策に取り組みます!