インドネシアから特定技能外国人を2名迎え入れました!

 | 

社会福祉法人 恒心福祉会では、かねてより「特定技能外国人」の受け入れの準備をすすめていて、令和4年4月に当法人初めてとなる特定技能外国人をインドネシアから2名迎え入れることが出来ました。
特別養護老人ホームうがた苑で共に働くのは、ヘスビさん20歳(写真左)とリサルさん23歳(写真右)です。

※特定技能外国人とは、一定の専門性・技能を持った即戦力となる外国人を受け入れる特定技能制度によって、日本で働く外国人のこと。

(働くときのシャツの色は何種類かの中から選べるのですが、リサルさんはお母様がピンクが好きなのでピンクのシャツを選んだそうです!家族思いで、ほっこりしますね♪)

二人は日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる“N3”レベルの日本語能力を身に付けているので、コミュニケーションもバッチリ!
ご利用者さんもすぐに受け入れてくださり、穏やかで優しい二人のことをとても可愛がられています。

二人は令和4年4月5日にPCR検査で陰性を確認後インドネシアを出国。
翌日日本に着いてから再び陰性を確認。
コロナ対策を万全に行い、さらにホテルで一週間待機してから三重県に到着しました。

三重県に到着してから1週間は入社等の手続きを行い、4月18日より初出勤!
先輩職員に教えてもらいながら、うがた苑で働いてくれています。

明るくて真面目で一生懸命な二人。
うがた苑で働き始めて1ヶ月も経っていませんが、覚えるのが早く、教えられたことはきっちりとこなしてくれます。

あたたかい心を持ってご利用者さんに接し、遠い日本の地で様々なことを学びながら頑張っている二人。
私たちはそんな二人を全力で応援しています!
これからの更なる活躍が楽しみです!

特別養護老人ホーム うがた苑

住所:三重県志摩市阿児町鵜方2824-85